葬儀コラム | 家族葬の優花

葬儀に関する小ネタ・見学会情報・近頃の話題を紹介

*

頬をなでるということ

   

葬儀というものに関わるからこそ考えたこと

この会社に入社してもうすぐ1年がたとうとしています。最近ですが、葬儀ということ亡くなった人とお別れすることそういうことについて深く考えさせられることがありました。

お芝居を見て考えさせられたこと

家族
少し前に知り合いの方に誘われてお芝居を見る機会がありました。
その中で、出てくるシーンに私は少し考えさせられることがありました。
そのお芝居の中にこういうシーンがあります。主人公のお母さんが認知症になっていって物忘れや記憶が現代と今とが交錯していきます。すこしずつ主人公の事が曖昧になっていくお母さんに対して、祖母をなくした親友が祖母が亡くなった時のお葬式のことを話すというシーンです。親友は主人公に対してこんな言葉をいいます「棺に入ったおばあちゃんをみて、知らない間に自然とおばあちゃんの頬をなでてたんや。おでこもさわってたかなぁ。。。でもよく考えたら前のおじいちゃんの時もそうしてた。生きてる間にほっぺたをさわろうなんて思わないのに不思議やなぁ。。。ほっぺたをなでるって亡くなった時にする証なんやろうか。。。」という言葉でした。

確かに自分自身のおばあちゃんがなくなった時、私もおばあちゃんの頬を触っていました。その時、私がかんじたことは おばあちゃんの冷たさと、それと同時におばあちゃんが生きていないことを認識したように感じます。生きている間におじいちゃんや、おばあちゃん、両親に「ほっぺたを触らしてよ」「ほっぺた触っていい?」なんていわないですよね。
人間は生きているからこそ、自然と人のぬくもりを感じ取っているのかもしれません。
頬をなでるというのは、もしかするとその人のぬくもりを改めて感じたいっという思いなのかもしれない と私は感じます。もしかすると、頬をなでることが別れの挨拶という人もいるかもしれません。
皆さんは頬をなでるということにどういう意味があると思いますか?

葬儀仏事センター公式ページへ
葬儀仏事センター
0120-0983-68
http://www.sougi-osaka.com

 - 葬儀コラム

  関連記事

遺影写真アイコン
生前遺影写真撮影会 | 大阪

遺影写真撮影会に至るまで 先日、病院にお迎えに行かせてもらった時 寝台車に奥様が …

遺品整理とエンディングノートの関係
遺品整理とエンディングノートの重要な関係

エンディングノートと遺品整理 昔のエンディングノートでは主にどのような葬儀をした …

出生率の低下からみる高齢化問題
出生率の低下から考える『高齢化問題』

出生率の低下からわかること 厚生労働省の調べては去年(平成25年)の特殊出生率が …

banner-oyakea
親ケア.com

急な介護について 覚悟出来てなくても突然やってくる介護! 実は、年末私の母が救急 …

遠距離介護と施設入居
遠距離介護と施設入居

遠距離介護と要介護区分 遠方に住む両親が介護が必要になった際、仕事を辞めることも …

認知症と介護問題
認知症と介護予防

介護と認知症問題 5月30日(土)エンディングノートの書き方セミナーが開催されま …

生活の質を高めるためには
生活の質とは?

高齢化と生活 2015年に団塊の世代は65歳以上の前期高齢者に突入しました。これ …

葬儀研修02_icon
葬儀スタッフ研修02

葬儀研修について 当社家族葬会館で月に数回に分けて葬儀研修(前回の葬儀研修)を行 …

音楽葬の葬儀形式
音楽葬の葬儀形式って?

音楽葬について 6月6日(土)10時から枚方市民会館にて音楽葬体験会を開催致しま …

プリザーブドフラワーのお供え花販売
暑い夏のお供え花ってどうしてる?

夏のお供え花 城東区にある花カフェでは仏花や墓花も販売していますが、最近お客さん …