葬儀コラム | 家族葬の優花

葬儀に関する小ネタ・見学会情報・近頃の話題を紹介

*

遠距離介護と施設入居

   

遠距離介護と要介護区分

遠距離介護と施設入居
遠方に住む両親が介護が必要になった際、仕事を辞めることも出来ない、また両親も住み慣れた場所を離れたくないと行った時に遠距離介護にならざるを得ないと言えます。以前のブログでも紹介したように遠距離介護は家族間での話し合いでの役割分担や助け合いが重要です。仕事も介護もと一人でしようとすると自分自身の体をいずれ壊してしまうことに繋がります。そのため施設への入居を一度考えるということが大切です。では一体どのようなタイミングで施設入居を検討すべきなのでしょうか?今回は要介護度の認定区分ではどのような状況下で介護施設入居を考えるべきかを紹介致します。

要介護度って?

要介護とは介護を必要とする人の必要介護度合(介護保険制度を利用する上での介護の度合いを判断したもの)を身体状況から7段階に区分けしたものです。この7区分の各々の段階はどのようになっているのでしょうか??要支援1.2、要介護度1、要介護度2、要介護度3、要介護度4、要介護度5という区分で紹介致します。

要支援1、2

日常生活の介助など、要介護状態になることを予防する支援が必要。
要支援とは、自分自身で食事や排泄をすることがで 現在、介護の必要性がないが 将来的に要介護状態になる危険性のある方を支援する状態にある人のことをいいます。

要介護1

起き上がりや歩行が不安定で身だしなみの世話など部分的な介助が必要。

要介護2

起き上がりや歩行が自立では困難。排泄、食事などで全介助が必要。

要介護3

起き上がりや寝返りが自分では出来ない。排泄、洗身、衣類の着脱が一人ではできない。

要介護4

排泄、洗身、着脱で全面的な介助が必要。問題行動・全般的な理解の低下。

要介護5

生活全般で全面的な介護が必要。意思の伝達が困難。

施設入居を考える時期

要介護1や2といった家事援助(食事や洗濯、掃除など)が必要な段階では、介護保険サービスなどを利用して遠距離介護を続けることが出来ますが、要介護3といった一人でトイレに行くことが困難な状態になると遠距離介護は難しくなります。従ってこの段階が施設入居を考える目安になるのではないでしょうか?この段階では一度 介護問題を家族での話し合いを行いましょう。そして地域包括センター等に相談をして遠距離介護についてのサービスを調べてみることが大切です。介護保険を申請し、要介護認定後に利用できるサービスを調べましょう。また自治体が行っているサービス・ボランティアが行なっているサービス利用を検討してみましょう。

当社でもエンディングノートの書き方セミナーとして、エンディングノートに“介護”についてどのような事を書いておくべきかを紹介しています。次回 5月30日(土)城東ホールでの開催となりますので興味のある方はお越し下さい(予約制)

葬儀仏事センター公式ページへ 葬儀仏事センター 0120-0983-68 http://www.sougi-osaka.com

 - 葬儀コラム

  関連記事

遺影写真アイコン
生前遺影写真撮影会 | 大阪

遺影写真撮影会に至るまで 先日、病院にお迎えに行かせてもらった時 寝台車に奥様が …

家族葬110番とは
家族葬・葬儀のための知識サイト 家族葬110番

家族葬・葬儀のための知識サイト 家族葬・葬儀のための専門知識サイトを紹介致します …

葬儀一式の費用
「葬儀一式」の費用って葬儀費用全額?

葬儀費用のトラブルは何故おこる? 近年流行り“終活”から事前相談に自分の足で赴く …

パッ!とわかる北斎場マップ
パッ!とわかる北斎場へのマップ

北斎場へのマップを紹介 葬儀の事前相談をしてる際にも「斎場は北斎場が・・・」なん …

デジタル終活って?
デジタル終活って知っている?

デジタル終活って? 最近、ニュースやインターネットなどでよくきく「デジタル終活」 …

シングル介護について
あなたはあてはまっていませんか?①シングル介護について

シングル介護について 介護ケースと問題点を今後紹介致します。今回紹介するのは『シ …

遺品整理とエンディングノートの関係
遺品整理とエンディングノートの重要な関係

エンディングノートと遺品整理 昔のエンディングノートでは主にどのような葬儀をした …

遺言書セミナー2016レポート
遺言書の書き方セミナーを開催しました。

遺言書セミナー2016開催終了 ホテル京阪京橋で遺言書の書き方セミナーを4月23 …

認知症と介護問題
認知症と介護予防

介護と認知症問題 5月30日(土)エンディングノートの書き方セミナーが開催されま …

葬儀情報ニュースレターって?
終活情報を定期的にお届け!

近年の葬儀事情って? 葬儀仏事センターでは、会員登録された方に定期的に「終活情報 …