ホーム死亡ケース別対応方法>日本で外国人死亡

日本で外国人死亡

日本で外国の方が亡くなられた場合
外国の方が日本国内で亡くなられた場合はご遺体のままにて搬送するか、骨にして持って帰るか、どちらかを選択しなければなりません。
ご遺体のままで連れて帰りたいというご希望は多いですが、多額の搬送費がかかるため現実的ではありません。
通常は現地で荼毘に付し、骨にしたうえで持ち帰ることになります。
遺体のままで連れて帰りたい場合は大きな障壁として下記の3つがございます。

【1】手続きに時間がかかる
日数がかかり遺体の処置に費用がかかります。
場合によってはエンバーミングが必要なケースもございます。

【2】領事館での手続き
自分で手続きを行うことが最も早い方法ですが、言語の壁があります。
日本語と母国語の両方に精通し、且つ、必要書類を日本語と母国語に翻訳する必要があります。
語学に自信がある場合は葬儀担当者と本人で手続きを済ませるのが最も早いです。
1日あるいは2日で出来ますが、葬儀社に手続き全てを頼んだ場合は1週間程度かかります。

【3】遺体を搬送する飛行機手配という問題
外国の方が亡くなられた場合、まず経験豊富な葬儀社に相談しましょう。
海外への搬送経験がない場合や経験が少ない葬儀社では時間がかかってしまいます。
自身の語学力・通訳レベルでのスキルさえ持っていれば、その旨を伝え、日本語で書類を作成してもらったうえで翻訳できることを依頼する際に伝えましょう。
多大な時間と費用の節約につながります。

死亡ケース別対応方法TOPへ戻る

葬儀プランのご案内

葬儀仏事センター 安心納得のご葬儀をお手伝い 累計6,000件以上の葬儀のご相談と3,000件を超える葬儀のお手伝い。

  • お別れつき直葬15万円
  • 小さな家族葬25万
  • ワンデイ1日葬35万円
  • ホテル仕様の家族葬50万円
  • 太閤園でのお別れ会100万円

葬儀のご相談 お問合せ お見積り 365日24時間受付中 06-6934-6951 携帯からでもつながります。 資料請求はこちら

更新情報

家族葬のフローラルホール
交通の利便性と今までにないリーズナブルな式場使用料、葬儀費用で質の高いセレモニーがとり行えます。

  • 八尾青山ホール
  • 八尾平野ホール


提携のフローラルホール
  • 東淀川ホール
  • 城東ホール
  • 枚方ホール
  • 寝屋川ホール
このページのTOPへ