ホーム死亡ケース別対応方法>自宅で死亡

自宅で死亡

自宅で亡くなられた場合に備えて
自宅で亡くなられた場合はかかりつけの医師を呼び、死亡確認を行った上で死亡診断書を書いてもらいます。その後、葬儀社を手配を行います。
しかしながら、かかりつけの医師等が居らず、突然亡くなられた場合はまず救急車を呼んで救急隊員が死亡を確認してから警察を呼びます。
または救急車で病院へ運び、病院で死亡確認後、警察を呼びます。
いずれもこういったケースは検案と言いまして、警察で遺体の解剖を行い、死因を究明します。
特に不信な部分が無ければ遺体を引き取る時間を連絡してくれますので、葬儀社へ連絡を取り、警察に引き取りを行ってもらいます。
検案書が死亡診断書の代わりですから、警察署で検案書にハンコを押してもらってから、その書類を持ち帰ります。
検案の場合は遺体引き取りまで時間がありますので、その間に葬儀社を探し、手配を行った方が良いです。
また十分に時間の余裕が出てきますので、焦らず冷静に信頼できる葬儀社を探しましょう。
死亡ケース別対応方法TOPへ戻る

葬儀プランのご案内

葬儀仏事センター 安心納得のご葬儀をお手伝い 累計6,000件以上の葬儀のご相談と3,000件を超える葬儀のお手伝い。

  • お別れつき直葬15万円
  • 小さな家族葬25万
  • ワンデイ1日葬35万円
  • ホテル仕様の家族葬50万円
  • 太閤園でのお別れ会100万円

葬儀のご相談 お問合せ お見積り 365日24時間受付中 06-6934-6951 携帯からでもつながります。 資料請求はこちら

更新情報

家族葬のフローラルホール
交通の利便性と今までにないリーズナブルな式場使用料、葬儀費用で質の高いセレモニーがとり行えます。

  • 八尾青山ホール
  • 八尾平野ホール


提携のフローラルホール
  • 東淀川ホール
  • 城東ホール
  • 枚方ホール
  • 寝屋川ホール
このページのTOPへ