ホーム葬儀の準備ノート>葬儀の予算

葬儀の準備ノート

葬儀の予算について
葬儀に必要な予算は下記3つに分かれます。
(1)葬儀の費用
(2)お料理の費用
(3)宗教者へのお礼・お布施
仮に葬儀の費用が安かったとしても、宗教者へのお布施が葬儀費用よりも高くつくこともあります。
大体の概算を知っておくことは必要ですし、事前にわかっていれば予算に合う内容に変更していくことも可能です。
下記のような内容項目が葬儀費用としてかかってきます。
(1) 葬儀費用の内訳
・寝台車によるお迎え・搬送
・ドライアイスの処置
・枕飾り
・棺・骨箱・線香・ろうそくなどの消耗品
・祭壇
・供花
・通夜・葬儀の返礼品、供養、お茶、スティックシュガー、ハンカチなど
・式場使用料
・セレモニースタッフなどの人件費
・霊柩車
・火葬料
・お料理
(2) 通夜ぶるまいにかかる費用
通夜終了の際、通夜ぶるまいと言って、弔問くださった方に食事をお出しします。
お寿司、お酒やおにぎりのセットなど、料理屋さんによって様々です。
地域や業者によっても違いますから、事前に見積もってもらう必要あります。
精進揚げのお料理も4,000円前後から人数分必要です。
こちらも地域・業者・料理の種類によって料金違いますから、予め見積もってもらいましょう。
(3) 宗教者へのお礼・お布施
宗派によっても違うとされています。
全国平均的には通夜、葬儀の読経で15万〜20万程度です。
仏式ではその他に下記内容が必要となってきます。
・お車代
・お膳料
・枕経
・初七日法要
・戒名
上記内容が必要となってきすから、全てのお布施金額を聞いておく必要があります。
(4) 上記内容を踏まえて
全ての費用を事前に見積もって、葬儀の予算を立てます。
漏れている項目があると予定よりも予算オーバーになりますから、見積り依頼した葬儀社には料理やお布施も含めて、総額の概算予算を立ててもらうようにしましょう。
葬儀で費用がかかるのは、その時だけでなく、その後も四十九日のお参りやお仏壇購入、またお墓などの費用が続いていきますので、できるだけ予算は抑え目に立てるようにしましょう。
葬儀の準備ノートTOPへ戻る

更新情報

家族葬のフローラルホール
交通の利便性と今までにないリーズナブルな式場使用料、葬儀費用で質の高いセレモニーがとり行えます。

  • 八尾青山ホール
  • 八尾平野ホール


提携のフローラルホール
  • 東淀川ホール
  • 城東ホール
  • 枚方ホール
  • 寝屋川ホール
このページのTOPへ