ホーム葬儀の基礎知識>火葬と初七日

火葬と初七日

火葬場に到着したら、火葬許可書を葬儀社が事務所に提出します。
提出後、霊柩車からお棺を出し、炉前にお運びします。
僧侶が読経し、僧侶・喪主・親族と焼香します。
斎場によっては読経が出来ないところもありますし、焼香の代わりに拝顔のところもあります。
合掌をもちまして、炉にお棺をおさめます。
斎場でお骨上げの時間まで待つか、その間の時間を利用して、しばしのご休憩をお取りいただいたり、精進揚げのお料理を召し上がって頂いてから拾骨の時間を待ちます。
拾骨の時間に斎場で待機していますと、お骨上げの時間がくると案内がありますので、拾骨にいって頂きます。
係員の指示に従って、お骨上げをします。
埋葬許可書をもらって帰ります。
法要の式場に到着したら、塩で身を清めたうえで入ります。
僧侶に読経をして頂き、喪主様から順に焼香をします。
葬儀の流れと手順TOPへ戻る

更新情報

葬儀仏事センター
交通の利便性と、今までにないリーズナブルな式場使用料、葬儀費用で質の高いセレモニーがとり行えます。

  • 八尾青山ホール
  • 八尾平野ホール


このページのTOPへ