ホームご葬儀レポートのご紹介>2010年度3月11日友人葬

ご葬儀レポートのご紹介

3月11日友人葬
深夜にお連絡いただき、紹介葬儀社のホールへお運びしました。
一般的に病院はお亡くなりになった後、できるだけすぐに病院から搬送してもらいたいという要望のところが多く、病院の霊安室には長く安置はできません。
今回に関しましては事前にご相談いただき、24時間受付の葬儀会館にて紹介を受けていたので慌てることもなく、事を運べましたと喪主は安堵された様子でした。
ご遺族は、学会の方でしたので、樒(しきみ="遺体に取り付こうとする悪霊を払う"とされている)で祭壇を飾ってほしいというご要望でした。
式の当日は、多くの学会関係者の方が来られ、お題目を皆様全員で一心に唱えられている様子は、まさに"全員参加の葬儀"という感じで清々しい感じがしました。
故人の意思もあって、出来るだけシンプルに行いたい。また予算内で抑えてほしいという希望もクリアし 、無事終了となりました。
紹介した葬儀社の方も、「学会の方は皆様よく葬儀に出られているだけあって、お手伝いしてもらえて助かります」と言われ、皆で行った葬儀という実感が非常にこもった葬儀でした。
ご葬儀レポートTOPへ戻る

更新情報

葬儀仏事センター
交通の利便性と、今までにないリーズナブルな式場使用料、葬儀費用で質の高いセレモニーがとり行えます。

  • 八尾青山ホール
  • 八尾平野ホール