ホームご葬儀レポートのご紹介>2010年度10月17日音楽葬やすらぎ天空館にて

ご葬儀レポートのご紹介

10月17日音楽葬やすらぎ天空館にて
電話でのお問合せでした。ご主人が癌で余命幾ばくもないとのことでした。
兵庫県明石市の方でしたが、お伺いしてご葬儀のご意向を伺いました。
無宗教で行いたいということで音楽葬をご希望されておりました。
親戚の姪の方にはピアノが弾ける方もいらっしゃったので、手づくりでの音楽葬プロデュースとなりました。
当日は同志社大学時代の旧友も平日昼間にもかかわらず参列してくださり、ギターで懐かしの曲を皆で唄ってくださいました。
子供様から亡きお父様へのお別れの言葉もあり、本当に暖かな音楽葬になりました。
葬儀終了の日に当家様からこんなメールがあり、お手伝いしてよかったと思いました。
「昨日のお通夜、本日の告別式、本当にありがとうございました。花と音楽の溢れる素晴らしいお葬式にしていただき感謝しております。献花、献奏、メッセージ、どれも良かったです。
豪華ですが、決して形骸化されたものではなく、血の通ったお葬式でした。
お通夜は当初の予定より沢山の方々に来ていただき、また葬儀では多くの弔電をいただき本当にありがたかったです。
私たち遺族側の不準備もあって、決して段取りの良い進行ではありませんでしたが、周囲の評判もすこぶる良く、この葬儀を選んで良かったと思っています。
明日からは病院通いもありません。喪失感はきっともっと後なのかも。
夫の遺骨と語りながら今夜は眠ろうと思っています。
まずはお礼まで。」
ご葬儀レポートTOPへ戻る

更新情報

葬儀仏事センター
交通の利便性と、今までにないリーズナブルな式場使用料、葬儀費用で質の高いセレモニーがとり行えます。

  • 八尾青山ホール
  • 八尾平野ホール