ホーム葬儀の用語集>清め塩

清め塩(きよめじお) -葬儀の用語集-

清め塩(きよめじお)
古来から人々は死を恐れ、死を穢れたものとして見てきました。
葬儀に携わったものは穢れを受けるので、身を清めなければならないとされていました。
その流れで、今でも通夜や葬儀の時に会葬御礼の挨拶状とともに小さな袋に詰められた塩、お清め塩が配られることが多くなりました。 しかし、浄土真宗では、死を不浄とする考えに基づくお清め塩は迷信であるとしています。
確かに生前親しかった人やお世話になった人が亡くなり、それを悼む気持ちで参列するのに、死者となった故人を不浄のものとして忌み嫌うのはおかしいという考えにも一理あるように思います。
このページのTOPへ

更新情報

家族葬のフローラルホール
交通の利便性と今までにないリーズナブルな式場使用料、葬儀費用で質の高いセレモニーがとり行えます。

  • 八尾青山ホール
  • 八尾平野ホール


提携のフローラルホール
  • 東淀川ホール
  • 城東ホール
  • 枚方ホール
  • 寝屋川ホール
このページのTOPへ