ホーム葬儀の用語集>四十九日

四十九日(しじゅうくにち) -葬儀の用語集-

四十九日(しじゅうくにち)
故人が亡くなってから四十九日間を中陰といいこの間七日ごとに法要を営み、四十九日目をもって忌明けとします。
最近では三十五日に繰り上げた忌明けもあります。神式葬儀では五十日祭の翌日に行われる清祓いの儀をもって忌明けとします。
このページのTOPへ

更新情報

家族葬のフローラルホール
交通の利便性と今までにないリーズナブルな式場使用料、葬儀費用で質の高いセレモニーがとり行えます。

  • 八尾青山ホール
  • 八尾平野ホール


提携のフローラルホール
  • 東淀川ホール
  • 城東ホール
  • 枚方ホール
  • 寝屋川ホール
このページのTOPへ