ホーム葬儀の用語集>数珠

数珠(じゅず) -葬儀の用語集-

数珠(じゅず)
球の数は108個が基本で、除夜の鐘を108回撞くのと同じで、人間の限りない欲望と執着の量を表します。
これを俗に百八の煩悩といっています。この乱れ易い心を仏のみ教えにより、数珠をつまぐり念仏する事で救われるのです。なお、数珠は一連、二連と数えます。
このページのTOPへ

更新情報

家族葬のフローラルホール
交通の利便性と今までにないリーズナブルな式場使用料、葬儀費用で質の高いセレモニーがとり行えます。

  • 八尾青山ホール
  • 八尾平野ホール


提携のフローラルホール
  • 東淀川ホール
  • 城東ホール
  • 枚方ホール
  • 寝屋川ホール
このページのTOPへ